2014年11月09日

今年ラストのテスト走行

(写真は後日アップロードします)
 こんにちは、TDの木下です。
 昨日は新千歳モーターランド様のジムカーナコースをお借りして、昨年度車両FH-08のラストランを行いました。新入メンバーだけでテスト走行の準備から撤収までを完了する、というのが目標でしたが、実際に行って走らせてみようとすると先輩方に頼らないとわからないことも多く、マシン輸送用のトラックをレンタルする際にトラブルが発生してしまったこともあってそう甘くはないものだと痛感しました。
 結果的に予定プログラムはほぼ達成出来ましたが、スケジュール管理の点からみると課題はたくさん残ったように思えます。
 また、テスト走行プログラムの終了直後にエンジンがかからなくなるという事態が起こってしまいました。過電流により電装系のヒューズが溶けていたのが原因でしたが、現状では慢性的に電装トラブルの可能性を抱えこんでいるということが明らかになりました。来年度マシン製作に向けてしっかり対策をしておきたいと考えています。
 レースで勝つためのセッティングやドライバー練習を十分に行うためには、マシンの信頼性は最も重要なファクターです。まだ経験の浅い今のチームが十分なスキルを積むためにも、来年度マシンはドライバーが安心してステアリングを握れるようなマシンを目指したいと思います。
posted by fht at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記