2014年12月14日

エンジン解体してみました

パワトレ班リーダーの佐々木と申します。
本日は、活動の一環として過去に使用していたCBR600RR(ホンダ)のエンジンを分解してみました。
思っていたよりも腰が折れる作業で大変でしたが、バルブやカムなどの径を測ることや内部構造を知ることができて収穫は大きかったです。
「設計中心の毎日ですが、久しぶりに体を動かせてよかった」とメンバーも満足気な表情でした。
6.jpeg7.jpeg8.jpeg9.jpeg5.jpeg

さて、北海道の近況をお話します。
氷点下の中、雪がつもり、さらに車によって雪が踏み固められて非常に自転車が乗りにくい季節となってきました。僕もチャリで2回転びました…
それでもやはり自転車に乗り続けたいという思いは捨てきれないため、前々から計画していたチャリ用スパイクタイヤを今週から作り始めました。
製作自体は単純で、ただタイヤの裏から釘を刺していきボンドで固定するだけだったのですが、これがまた腰にくる作業でなかなか進みませんでした。
それが昨日の夜、ついに完成して走らせることができました。
想像していた以上にタイヤが路面を掴み凄まじいグリップ力を生み出し涙がでるほど嬉しかったです。
そのまま満足して帰宅しようとした矢先、前輪がおもむろに「ッッップスゥっっっっ!!」と大きな音を立ててパンクしてしまいました。またしても涙が出そうでしたが普通に乗ることができたのでタイヤが破裂するまではしばらく乗り続けようかなと考えてます。
(安心しすぎもだめですが)とりあえず自転車で滑ってこけるという怖い思いはしなくて済むかなと思ってます。かかってこい!冬の北海道!!
はい、長々と失礼しました。質問はなんでも受け付けてますので気軽にお願いします。
それでは今日はこの辺で失礼します。さようなら。2.jpeg3.jpeg4.jpegimage.jpeg
posted by fht at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記